コレステロールを下げるには食物繊維が最適

###Site Name###

年齢と共に代謝機能が低下し始めると、元々痩せ形で有った人の場合にさえも太りやすくなり、さらに血管を詰まらせる原因を作るコレステロールが増加しやすくなります。
悪玉コレステロール値の上昇は多くの場合生活習慣病の一つと考える事も出来、特にアルコールを多く摂取される習慣が有る場合には、負担がかかりやすい肝臓の働きが低下する事で拍車をかけてしまう物でも有ります。


コレステロールには、善玉と悪玉とが有り、善玉を増やし悪玉を減らさなければ、血管が詰まり、血液が流れなくなる事で起こる脳梗塞や心筋梗塞などの病気が発症しやすくなるのです。

悪玉を減らす為には、悪い生活習慣を改めるのが効果的なのですが、最も必要なのが、食事内容の改善でも有ります。成人病を遠ざける為の理想的な標準値に戻す為には、即効性の高い食物繊維を毎日の食事に加えられるのが肝心です。

生野菜に含まれる食物繊維は勿論の事、海藻の周りに付着しているぬめり成分のフコイダンは、コレステロールを排泄させる為にはとても効果的な働きを持つ物なのです。また、低下しがちな代謝機能を促進させる為にも、酵素を豊富に含む生野菜や海藻などの食材を摂取する事が必要で、デトックス効果に優れた食物繊維の摂取は成人病を予防する為には必須と言えます。血液検査を受けて、コレステロール値が高いと注意を受けた場合には、まずは積極的に食物繊維の摂取を心がける事が、改善するポイントとなるのです。



無理なく摂取する為には、食事を和食中心にしてみるのも効果的です。